<< #3 ap bank fes’06 | main | #5 赤ラーク >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

 京都のほとんどの「通り」には名前が付いていることで有名です。例えば交差点にしても烏丸今出川(烏丸通と今出川通の交差点)という名前であったり、住所にしても中京区○○通××東入△△町など、区画ではなく通が基本的な概念として使われているのです。このへんは欧米のストリートと通じるところがありますね。


 この通りに付けられた名前ですが、実は平安京の時代にも存在していました。大内裏の朱雀門から京の入り口である羅生門まで一直線に伸びた通りが朱雀大路です。しかし、このように付けられた名前が現在では違うことも多いのです。この平安京のメインストリート朱雀大路は今では千本通と呼ばれ、現在の京都の中心からは若干西にずれています。また、西京極という地名がありますがこれも平安の時代の西京極大路、つまり西の京の果ての通りの上に位置しているところから来ています。西があるなら当然東京極大路もあったのですが、これは現在繁華街として知られる寺町通となっています。


 ここであれ?と思われる方も思われるかも知れません。京都の東の果ては東大路じゃないの?と。実はこれも京都の中心が平安よりも東にずれてしまったせいなのです。現在の西の果てとして西大路がありますが、この二つの通りは昭和以降作られたものだったのです。北大路もそれらと同様に、新しい京都を囲むように作られた新しい通りだったのです。


 もし京都の中心が移動しなければ、いまでも千本通がメインストリートとして栄えていたかもしれず、京都の姿は全く違っていたかもしれません。四条河原ではなく四条千本、いや、四条朱雀が京都一の繁華街だったかもしれないのです。通一つ地名一つにも歴史がこもっていますね。

| 思考:ひとこと | 05:48 | comments(0) | trackbacks(3)
| - | 05:48 | - | -
COMMENT
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
京都伊勢丹ラーメンに関する情報のご紹介です。
| 京都伊勢丹ラーメン紹介 | 2007/05/25 9:38 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/29 12:08 AM |
ブログ管理人様、突然のご挨拶を失礼致します 私たちは「学ぶ」事をテーマにした情報サイトを運営しているものです。 お役に立つ情報をご提供できればと思い、随時掲載、更新しております。 スクールやレッスン、資格等の情報も掲載しております。 尚、このトラックバッ
| マナブならcocoガイド | 2007/08/25 7:32 PM |

PROFILE
SiUN:大阪生まれ、京都在住。立命館大学在学。国際秩序平和専攻。 OpenMedia-Kyoto記者。
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
SPONSORED LINKS
       
       
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM